畑のしごと服専門オンラインショップ「畑乃家」公式ブログ

好きな野菜はヤングコーン(のみ)。

野菜ぎらいの農家娘の弟子入り農業日記

いまじょ!

 

これは私の亡くなったおじいちゃん流の「ただいま!」。「(帰りが)今になってしまったよ」の和歌山弁だと思います。(ブログと言えば最初の挨拶肝心だよね)

 

農作業着ブランド「のらスタイル」さんから縁をもらい、カタログや店頭POPのモデルなどをさせてもらっている石川です!

 

自己紹介させていただくと、まず、実家が農家。お米はもちろん、桃、柿、はっさくを中心に各種野菜果物を70種類ほど育てています。

ただ、小さい頃に野菜果物が豊富な環境で育ち、ばくばく食べすぎたせいか?大きくなるにつれ野菜果物嫌いに。

野菜ぎらいの農家娘の弟子入り農業日記

この頃は食べていたんですがね(以前はいちごも作っていた)。

 

じゃがいもやさつまいもはかろうじて食べますが、他は完全にアウト。特にキュウリは食卓にあるだけでにおいがダメで、トトロのメイちゃんのキュウリまるかじりを見てもまったくときめきません。(ポテトサラダにキュウリ反対派)(タルタルソースも冷製パスタも然り)(騙されてキュウリのキュウちゃん食べさせられた経験あり)

実家では野菜や果物に溢れる恵まれた生活をしていましたが、その年の初物だけ薬だと思って目をつぶって食べるというアウトローなことをしていました。(初物食べると一年は風邪引かないっていう)。そして虫が嫌いなこともあり、畑にはほぼ近づきませんでした。

 

時は流れ、農家の娘結婚。

相手は、イタリアンのオーナーシェフ。

ありがたいことに、季節ごとに採れる旬まっただ中のおいしい実家の野菜や果物をお店で使わせてもらっています。
そこから少しずつ、少しずつですが、旦那がスペシャルに加工してくれるおかげで、野菜や果物のおいしさを日々学んでいる。。最中です。

 

そして、しゃれおつな農作業着 ”のらスタイル” のモデルを依頼され、畑で撮影をすることが増え、農作業に少しずつ、興味を持ち始めている。。最中です!

 

あっあと、文字を書くのが好きで自分でフリーペーパーを出版するほどなので(勝手に口コミマガジン「ふかよみ新聞」現在第8号構想中)、このブログを通して、なにか私にしか書けないことを、私なりの方法で、伝えていければと思います。

 

ここで唐突に主な登場人物紹介!

 

野菜ぎらいの農家娘の弟子入り農業日記

・私(石川)

4歳と1歳の娘ズの母。年女。さそり座。求められる限りは、なんでもやります派。モットーは、”無駄なことはやりすぎる方がいい”。野菜嫌い果物嫌い(少しは直そうと切磋琢磨中)。好きな食べ物は3位いくら、2位ハム、1位はまだ出会っていない。

 

野菜ぎらいの農家娘の弟子入り農業日記

・おばあちゃん

私の祖母。83歳。世間のおばあちゃん像をあつめてビジュアル化したようなぽたぽた焼きおばあちゃん。実家の野菜の種植え、苗植え、世話担当。ひ孫たちにかこまれ、マッチ売りの少女を読み聞かせしては涙ぐみ、アンパンマンにもさん付けする(もちろんバイキンマンさん)やさしいおばあちゃん。でも身だしなみには厳しい。孫(私)の旦那の店のためにイタリアの野菜を積極的に調べて育ててくれ、それがおばあちゃんの生きがいになっているようで私も嬉しいWINーWINの関係(ありがたい)。

このおばあちゃんが私のデルモ生活、そしてこのブログの大きな動機のひとつ。私が農業に、ひいては野菜に興味をもつことで、おばあちゃんともっと関わっていければなと思います。おばあちゃんは親戚一同に宣伝してくれるほどのらスタイルファンで、私がモデルをした店頭パネルを寝室にでかでかと飾ってくれています。

2年前に亡くなったおじいちゃんといまだにめちゃくちゃ仲が良く、ガラケーで撮ったひ孫たちの写真を毎晩おじいちゃんの遺影に見せておしゃべりしている。

 

野菜ぎらいの農家娘の弟子入り農業日記

・おかん

私の母。実家の野菜の世話、収穫担当。メインとなる桃や柿などの果物の毎日の世話をおとんと共に担当。毎日採れる旬の野菜をいかにバリエーション豊富に消費すべきか、試行錯誤し時にミーハー心溢れる手法でアレンジ料理してくれるマジ感謝シェフ。

 

 

主な登場人物はここらへんです。めくるめく女三代記。

このブログを書きながら「って、誰が興味あんねん!」と思いつつ、次回からは季節ごとに採れる野菜や果物の農家ならではのレシピや、和歌山で育てるイタリアン野菜、そしておばあちゃんの日常を紹介したいと思います。

 

 

 

あとですね、このブログものらスタイルのデニムカーゴパンツ着用しつつ書いているんです。部屋着にも、ちょっとお買い物にもちょうど良い!さまざまな動きに対して収縮性があるので農作業だけでなく家事にも良いんですね。
うん。ほんとにおばあちゃん、おかん、私で愛用している「のらスタイル」は、作業用手袋や靴下を専門で作っている会社が練りにねって考えられているので機能性抜群!実用的でかわいいなんて無敵!です。

 

野菜ぎらいの農家娘の弟子入り農業日記

 

あなたの街のホームセンターで大きな私のパネルを発見した際、愛着を持ってくすっと笑っていただけるよう、これからがんばりたいと思います。

 

 

柿採りと稲刈りがいっぺんにやってきたチンチロリンな初秋の田舎より

石川

関連記事

畑のしごと服専門オンラインショップ「畑乃家」スタッフブログ
アグリトラベラーブログ
農家娘の野菜きらい日記

畑のしごと服専門オンラインショップ「畑乃家」

畑のしごと服専門オンラインショップ「畑乃家」
[畑乃家]畑のしごと服専門オンラインショップ

[畑乃家] 帽子と腕カバーで簡単おしゃれ!

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031