畑のしごと服専門オンラインショップ「畑乃家」公式ブログ

自分サイズの仕事を求めて!英語を武器に自分らしい農業を展開するデュラント安都江さん

こんにちは!アグリトラベラーの長根です。
東京では、桜が咲き始めましたね!寒さも和らぐこの時期は、本格的な作業シーズンに向けて準備を始めている農家さんも多いのではないでしょうか?

「畑乃家」アグリトラベラーブログ画像

先日は、東京都西多摩郡瑞穂町にあるデュラント安都江(あつえ)さんの畑にお手伝いに行ってきました。安都江さんの畑は、横田基地の真横に位置するちょっとユニークな立地。なので、畑の名前も「Base Side Farm(ベイス サイド ファーム)」と言います!

海外で生活していた経験もあり、英語が堪能な安都江さん。その英語力を活かして、横田基地で働く人々向けに西洋野菜を販売したり、英会話と農作業を楽しめるイベントを企画したりと、ユニークな取り組みをしているんです!

 

もともとは虫も触れなかった!? 転機はフランスでの農村生活!

「畑乃家」アグリトラベラーブログ画像

もともと、会社員として働いていた安都江さん。20代で行ったワーキングホリデーで、海外の魅力や外国語でコミュニケーションをとることの楽しさに気づいたとか。

そうして帰国してからしばらく日本で働いた後、今度はフランスに渡ります。ちなみに、その時は農業に興味がないどころか、土も虫も触ることが苦手だったとか…。転機となったのは、ファームステイを通じた交流サービス「WWOOF」。たまたまスペインとの国境付近に暮らす木こりの家に滞在することになり、自然の中で暮らしていくうちに、土や虫への苦手意識が薄れていったそうです。

 

「自分サイズの仕事をしてみたい!」そして、東京で就農へ

「畑乃家」アグリトラベラーブログ画像

日本に戻った安都江さんの心に浮かんだのは「自分サイズの仕事をしたみたい」ということ。これまでの経験を通して、自分にしかできないこと、自分の裁量でできる仕事を探していたそうです。

いろいろと考える中で浮かんだのが、WWOOFをきっかけにフランスで経験したこと、そして辿り着いたのが「農業」という仕事。それからは、援農ボランティアに行ったり、実際に農場で働いたりと経験を積み、東京で就農することを決意したのでした!

 

「英語」が得意な自分だからこそできる農業のカタチ

「畑乃家」アグリトラベラーブログ画像

借りた畑がたまたま横田基地の近くだったということもあり、安都江さんは「英語」を活かした農業のやり方を模索します。そして始めたのが、SNSなどで「英語」で情報発信をすること。そうすれば、英語を読める人と接点を持つことができると考えたのでした!

しばらくすると、予想通り基地で働く軍人さんの奥さんたちと交流が広がるようになります。そこで聞いたのは、「基地で売られる野菜の多くは海外から輸入されるから鮮度が落ちる」「日本のスーパーには使いたい野菜が少ない」「新鮮で安全な西洋野菜が欲しい」という声した。

「畑乃家」アグリトラベラーブログ画像

安都江さんはそのニーズに応えるように、ビーツやケール、パクチーなど多品目の西洋野菜を育て始めます。さらに、栽培期間中は農薬を使わないなど健康への配慮を意識して栽培するようになりました。

そして口コミが口コミを呼び、地元の直売所や仲卸だけではなく、個人で定期的に野菜を購入しに来る人が増えていったそうです!

 

海外との交流が好き。けど頻繁に行くことはできないから、自分の畑に呼ぶ!

「畑乃家」アグリトラベラーブログ画像

海外が好きな安都江さんですが、農業は長期の休みをとることが難しい仕事。そこで考えたのが、自身も利用していたWWOOFなどのファームステイでした。いろんな国に行ったり話してみたい。けど、自分がいけないのであればいろんな国の人を呼べば良い、という考えです!

「畑乃家」アグリトラベラーブログ画像

これは、WWOOFでの経験がもとになってるそう。なので、安都江さんの畑には日本に住む外国人だけではなく、海外からも農業体験に訪れる人が多いのです!畑を通して異文化交流が生まれるのは、とても素敵で興味深いことだと思いました!

 

美味しい食材は意外と身近にある!

「畑乃家」アグリトラベラーブログ画像

安都江さんが育てているビーツやケールは、日本人にはあまり聞き慣れない野菜かもしれませんが、栄養価が高くとても美味しい野菜です!ビーツはウクライナ料理の「ボルシチ(煮込みスープ)」の印象が強かったので、実際に煮込んでみたのですが、煮込めば煮込むほどビーツのコク深い甘みが滲み出て、本当に美味しかったです!

「畑乃家」アグリトラベラーブログ画像

ケールはオリーブオイルとの相性が抜群で、炒めるとケールのほろ苦い旨味とオリーブオイルの香ばしさが相まって、シンプルだけど満足度が高い一皿に仕上がります。私はパスタと一緒に楽しみました!

「畑乃家」アグリトラベラーブログ画像

また、安都江さんから直々に教わったビーツと人参のサラダも美味しかったです!

◆ビーツとニンジンのサラダ◆
1.ビーツとニンジンを細切りにする
2.塩もみしてしばらく置く
3.オリーブオイルとお酢で和える

ビーツやニンジンの甘みとオリーブオイルの香ばしさ、お酢のさっぱり風味が本当に絶品でした!ぜひ、試してみてください^^

慣れない野菜は使いづらいと思うかもしれませんが、チャレンジしてみると意外と簡単に美味しくできます!安都江さんのお野菜は通販でも頼むことができるので、ぜひトライしてみてくださいね!

 
 

畑のしごと服専門オンラインショップ「畑乃家」はこちらから
[畑乃家]畑のしごと服専門オンラインショップ

長根汐理Facebook
fb https://www.facebook.com/shiori.nagane
長根汐理Instagram
insta https://www.instagram.com/_siostagram_/
長根汐理twitter
twi https://twitter.com/shiorinagane

関連記事

畑のしごと服専門オンラインショップ「畑乃家」スタッフブログ
アグリトラベラーブログ
農家娘の野菜きらい日記

畑のしごと服専門オンラインショップ「畑乃家」

畑のしごと服専門オンラインショップ「畑乃家」
[畑乃家]畑のしごと服専門オンラインショップ

[畑乃家] 帽子と腕カバーで簡単おしゃれ!

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031